スポンサードリンク

2008年4月30日水曜日

ポンプの分類

ポンプと呼ばれるものには、大きく分けると、2種類に大別されます。

陸上ポンプと水中ポンプです。

ここから更に分けると下記のようになります。

・陸上ポンプ-非自吸式ポンプ
        ∟自吸式ポンプ

・水中ポンプ-清水水中ポンプ
        ∟汚水水中ポンプ

1.陸上ポンプ
上記のように、陸上ポンプは、非自吸式ポンプと自吸式ポンプに分類することができます。
自吸式ポンプは、特殊な構造をしているため呼水をポンプ内部に行なえば、吸込み配管内の空気を自動的に排気し、同時に水を吸上げて運転を開始します。
ですから、フート弁の使用できない現場、例えば打ち抜き井戸の揚水用などには最適です。

非自吸式ポンプの場合は、吸込み配管、ポンプとも呼水する必要があり、吸上げに使用する場合にはフート弁が必要となります。
押しこみ運転に使用する場合には、フート弁は必要ありません。

2.水中ポンプ
上記のように水中ポンプは清水水中ポンプと汚水水中ポンプに分類することができます。
清水水中ポンプとは、主に飲料用などに使用するポンプのことを言います。
清水を扱うポンプの場合には、モーターは、水封式モートルを使用することがほとんです。

汚水水中ポンプは、雑排水・汚水等の排水となる液体を運ぶポンプのことを言います。
こちらのポンプには、乾式水中モートルを使用することがほとんどです。